「ノーコードでできること」って何?5つの観点から徹底解説!

こんにちは。ノーコード専門の開発会社Walkersのつかさ(@tsukasa_hiraga)です。

ノーコードって何ができるの?

このような疑問を持ったことはないでしょうか?
ノーコードって具体的に何ができるのかまでは、あまり情報発信されていないんですよね。。。

そこで今回は、ノーコードでできる5つのことについて徹底解説していきいます。

この記事を読むだけで「ノーコードを活用できる範囲」について理解を深めることができますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次は下記の通りとなります。

クリックできる目次

ノーコードでできること5選

ノーコードでできることは以下の5つになります。

  1. 高度な機能を持ったアプリの開発
  2. デザイン性が高いWebサイトの制作
  3. 業務効率化
  4. 外部サービスとの連携
  5. 50%以上の開発費用の節約

それぞれ順番に解説していきます。

【できること①】高度な機能を持ったアプリの開発

ノーコードでは簡単なアプリしか作れないというイメージがあるかもしれませんが、実際はかなり高度なアプリも開発可能です。

コードを書かないからと言って、クオリティが低くなるわけでは決してありません。

一般的な機能についてはノーコードで十分に実装することが可能です。

どのようなアプリを開発できるのか詳しく知りたい方は、以下の動画で徹底解説していますので、ぜひご覧ください。
※1:38〜参考、弊社WalkersのCTO 池田が登壇。

日本初のノーコードイベントNoCode Summit2020の動画
※現在NoCodeWalkerオンラインサロンは募集しておりません。

さらに詳しく、ノーコードで開発されたアプリの事例を知りたいという方は、【開発事例15選】Bubble(ノーコード)で作られたアプリまとめにて詳しく解説していますので、そちらをご覧ください。

【できること②】デザイン性が高いWebサイトの制作

ノーコードでは、従来のプログラミング言語(HTML/CSS)によるWebサイトにまったく引けをとらないくらい、デザイン性の高いWebサイトの制作が可能です。

実際に、現在ではWebサイト全体の約50%がWordPressやShopifyなどのノーコードツールによって、制作されています。

そのためWebサイトに限っては、もはやノーコードだけでも十分と言っても過言ではないでしょう。それほどクオリティの高いWebサイトを制作することが可能です。

弊社WalkersのWebサイトもノーコードによって制作していますので、どんな感じか試しに覗いてみてください。

【できること③】業務効率化

アプリ開発やWeb制作だけでなく、ノーコードによって以下のような業務効率化が可能です。

  • タスクの自動化
  • データベースの管理
  • Webスクレイピング

タスクの自動化に関しては、下記のような業務の自動化を簡単に行えます。

  • Googleカレンダーに予定を入力すると、自動でTrelloにタスクを作成
  • Gmailを受け取ると、自動で添付ファイルをDropboxに保存
  • Googleフォームで送信を受け取ると、ChatWorkに通知
  • Instagramへの投稿を、自動でTwitterに共有
  • 特定のツイート内容を、Googleスプレッドシートに保存

社内にノーコードツールを導入するだけで、圧倒的に業務を効率化することが可能です。

おすすめの業務効率化ノーコードツールに関しては【2022年最新比較】業務効率化におすすめのノーコードツール4選で詳しく解説していますので、そちらをご覧ください。

【できること④】外部サービスとの連携

ノーコード開発ではAPI連携やプラグインが充実しているため、アプリ開発やWeb制作において、簡単に外部サービスとの連携を行うことができます。

つまり、ノーコードでアプリ開発を行う場合、

  • TwitterやGoogleなどのログイン機能
  • StripeやPayPalを利用した決済機能
  • SendGridによるメール送信機能

などの高度な機能も、難なく実装できるということです。

現在では外部サービス連携によって、ノーコードで実装できない機能はほとんどなくなりつつあります。

【できること⑤】50%以上の開発費用の節約

これはノーコード開発を導入する上での1番のメリットと言ってもよいでしょう。

ノーコード開発では、

  • 開発費用を50%以上節約することが可能
  • 開発期間も50%以上短縮することが可能

となっています。

ノーコードで開発費用を50%以上節約できる理由については、ノーコード開発で費用を50%以上安くできるって本当?【結論:本当】にて徹底解説していますので、ぜひそちらをご覧ください。

【補足】ノーコードでできないことって何?

「ノーコードでできること」についてまとめてきましたが、逆に「ノーコードでできないこと」については以下の通りとなります。

  1. 非常に複雑なアプリの開発
  2. 表示速度が高速なアプリの開発
  3. 独自システムの開発
  4. 特化していない領域の開発

詳しくは、「ノーコードでできないこと」って何?限界から3つの対策まで徹底解説にまとめていますので、ぜひそちらもご覧ください。

まとめ:場合によっては専門家への相談が必要

ノーコードでできることは以下の5つです。

この記事のまとめ
  • 高度な機能を持ったアプリの開発
  • デザイン性が高いWebサイトの制作
  • 業務効率化
  • 外部サービスとの連携
  • 50%以上の開発費用の節約

しかし、ここで注意があります。

基本的な開発は難なくできるノーコードですが、だからと言ってなんでもできるわけではありません。

そのため、実際にノーコードによってアプリ開発を発注したい場合は、専門家に相談してみることがおすすめです。

つかさ

専門家に話を聞いてみないと分からない部分も多いんですよね。。。

私たちのほうでも、ノーコード開発の無料相談を行っているので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

弊社WalkersではWebを活用した集客から新規事業の構築、事業のご相談から予算の確保・活用まで幅広くサポートするノーコード開発を提供しております。

資料請求はこちらから

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
クリックできる目次
閉じる